Saitama mekki industrial association official site

業界環境

 消費増税後の反動減やそれに伴う在庫調整は徐々に一巡へ。こうしたなか、『堅調な企業収益など良好な投資環境』『所得雇用環境の改善持続』『原油安や株高に伴うプラス効果』などを背景に、景気は持ち直しの傾向が強まる見込み。

そんななか、補正予算で打ち出された経済制作もプラスに作用し、景気は堅調に推移する見通しと言われております。

 大企業では、円安によるコスト増懸念から悪化した素材業種が、円安一服、原油安などを受け持ち直し、設備投資も期初としては高めとなるようである。

 しかし我々中小企業の景況については、在庫削減のための小ロット化やコストの削減等、まだまだ厳しい状況にあるのが現状のようである。

また、改正水質汚濁防止法や暫定基準の見直し等、環境基準等についても年々厳しくなっております。このような状況の中、我々業界が存続・発展していく為には、現状に甘んじることなく常に様々な最新の情報を入手し、共有する事、そして現状に甘んじることなく常に様々な最新の情報を入手し、共有する事、そしてそれらを上手に活用していく事が大切だと考えます。この業界には、長年にわたり様々な困難を見事に乗り越えてきた業者が大勢存在致します。またここ最近では世代交代が進み、優秀な若手経営者も多数参入してきております。それぞれの良さを生かし組合活動の意義を高めて行くことも大切な課題であると考えます。

 まだ課題も多く大変な状況下にはありますが、更なる発展を目指し、その豊富な経験と新しい力に期待したい。

基本方針

情報発信の迅速化と共有化の強化

組織基盤の拡充

重点事業

  1. 情報収集活動の推進と八市の迅速化及び共有化
  2. 改正水質汚濁防止法の対応強化
  3. 環境、省エネ対策の研究
  4. 組合員の連携強化。組合員の拡大
  5. 新技術の開発、研究の推進
  6. 土壌汚染防止対策
  7. 中小企業ものづくり基盤技術の高度化支援
  8. 特化則の周知徹底、作業環境改善指導推進
  9. 若手人材の育成、登用
  10. その他